日本国際医療奉仕連合会とは

特定非営利法人 日本国際医療奉仕連合会(International Medical volunteer Association of Japan)とは、発展途上国における医療支援と、 マジックによる慈善活動、食物給付、国際交流による社会・文化・経済等の貢献活動を目的として活動している団体です。

会旗

団長の伊藤実喜は、内科医としての治療の中に「マジック」を取り入れています。
がん、高血圧、アトピー性皮膚炎、更年期障害など、さまざまな症状をもつ患者の治療に「驚き」「笑い」「不思議」の“マジック療法” が大きな力を発揮し、マジックはまさに“笑いの処方箋”だと言えるでしょう。

NGO活動では「Dr.Magicショー」を行ない、人々の心に明るい光を灯します。
また、会場には募金箱を設け、集まったお金は貧しい子供達への寄付等に役立てています。
医療とマジックでの国際支援において、多くの方たちとふれ合い、心の交流を体験できることは
わたしたちにとって大きな喜びです。

感謝状とメディア報道

今までの活動に対して、多分野から感謝状や賞状をいただいたり、新聞にて報道されました。
その一部をご紹介いたします。

下記の画像をクリックしていただくと拡大表示されます。
また、画像の右側の「NEXT」左側の「PREV(PREVIOUS)」をクリックしていただくことで、前後の写真がご覧になれます。
閉じる場合は、右下のCLOSE×をクリックして下さい。
感謝状 賞状 西日本新聞報道 西日本新聞報道
写真をクリック    写真をクリック    写真をクリック     写真をクリック

連絡先

特定非営利法人 日本国際医療奉仕連合〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町10番5号-701 (株)呉坤忠商店気付